ひげ脱毛を受けたゴリラクリニックについての体験談

髭が濃くなりだした高校生時代

自分のヒゲを意識し始めたのは高校生くらいのときからです。
中学生くらいのころはむしろ人より薄いくらいだったのに、身長の伸びとともに一気に、太くてたくましいヒゲが生えてきてしまいました。

当然ながらというべきか、不名誉なアダ名でよばれたりなど、コンプレックスを抱えてきた日々です。

ひげ脱毛というサービスがあるのは知っていましたが、当時のネットでみたときには、どちらかというとやって失敗したとか、クリニックに対してのクレームのようなものが多く、何となく怖いというイメージが先行していました。

社会人になっても髭の不潔感が邪魔になる

太く濃いヒゲを毎日剃る生活なのですが、朝丹念に剃ったにもかかわらず、夕刻すぎにはもう、青々と生えてきてしまうこの体質です。実年齢よりふけてみられたり、剃るたびにカミソリ負けを起こしたりなど不便なこともたくさんあります。

あるとき、上司から、「ヒゲくらいきちんとしたまえ」といった注意をうけるにいたりました。「いや、朝剃ったばかりなんですけど」と口答えするわけにもいかず、抜本的な対策を考えてたどりついたところがゴリラクリニックでした。

ゴリラクリニックで初めてのヒゲ脱毛

美容外科の場合は、保険がきかないので全額支払いかつ自費となります。

しかしやるならこのタイミングでしかないだろうと決意をしました。

何となくのイメージとして、一回の施術ですべてつるつるになるような印象でしたが、実際のところはちがいました。

レーザー脱毛の場合、完全に脱毛を終えるまでには、個人差はありますがだいたい1、2年程度かかります。意外と期間がかかるんです。

また、もうひとつ心配していたのが痛みです。私は痛みに弱く、もしかしたらそれが苦痛で通院をやめてしまうかもしれないと思いましたが、ゴリラクリニックでは痛みを軽減させる麻酔も各種用意してくれてくれます。

痛みについても「まったく痛くありませんよ」というようなごまかしはせず、「痛いものは痛い。だけど対策はあります」といった姿勢のため信用がおけました。

脱毛を重ねて薄くなる髭

施術を重ねていくと、はじめの方はレーザー治療の違和感や、通院の緊張から何となくナーバスになることもありましたが、回数が5回めをこえてくるとほとんどストレスはありません。

個人差はあるでしょうが、あまり肌が強い方ではない私でも、肌荒れや痛み、腫れの症状に苦しむことはありませんでした。

施術を重ねていくにつれて、いわゆる青ひげがどんどん薄くなっていくのは感動的ですらありました。

知人からの反応もあきらかに変わってきたと思います。ヒゲが薄くなったというリアクションよりは、いつもより明るくなったとか、さわやかなイメージになったというようなことを言ってもらえます。

私のように濃くて太いひげで本当にスムーズな脱毛が可能なのかと心配していましたがそれは杞憂でした。

人に見られて緊急性の高いところはヒゲだけでしたが、他にもコンプレックスに感じている胸やデリケートなゾーンの脱毛も検討してみたいと思いました。